真田丸と大河ドラマ

現在真田丸が大河ドラマで放映されていますが、見ている人はいますか?私は興味があるなーと思いつつ見ていません。いつも後々になって見ようという気になるので、レンタルが開始され始めたら見るという感じです。レンタル代が非常にもったいないんですけどね。見る気がない時に見ても長く続かないので、今はとりあえず見ないことにしています。

これまでにいくつかの大河ドラマを見てきたのですが、今とはやはり色々な面で違いますよね。現代がかなり便利になった証拠ですが、昔は本当に大変だったんだろうなと思います。最近になって思うのが、お産の大変さです。出産を経験してから思ったのですが、昔はエコーなんてないから出てくるまで子供の状態を知ることができませんよね。もし逆子だったらとか考えると、やはり怖いです。帝王切開なんてできるわけもないし、その場合はどうなるんだろうと考えたりもします。

私は破水したものの出産の準備が全くできていなかったために陣痛促進剤を使って出産しました。昔だとそんなものあるわけもないし、痛い思いをして何時間も耐えなければならないんだろうなと考えると怖くなります。女性が強いのはこういった痛みに昔から耐えていることにあるのかもしれませんね。

真田丸と大河ドラマ

現在大河ドラマで真田丸が放映されていますが、見ている人も多いでしょう。大河ドラマは演技の上手い俳優がたくさん出ているので、見ているとなんだか引き付けられてしまいますよね。私も大河ドラマはこれまでに何本かみた事があるのですが、見ているとその生活ぶりが大変そうだなといつも感じてしまいます。今が便利すぎるというのもあるんですが、この時代は何をするにしても大変そうだなーと全く関係のないことを考えてしまうんですよね。

特に気になるのが女性の髪や着物。女性の髪って結構長い人が多いですが、夏場は暑いだろなーと考えてしまいます。今のようにヘアゴムなんてないでしょうし、どうやって暑さをしのいでいるのか謎です。現代は年々暑くなっているといいますし、昔は今のように猛暑の日々なんてなかったのかもしれません。それでも暑いものは暑いだろうし、着物も着て髪も長くてとなれば大変だろうなというのが感想です。着物も何枚も羽織っているんだろうし、それを考えるととても大変ですよね。着ることも大変だろうし、かなり汗をかきそうなのであせもとか大丈夫なのかななんていらない心配をしてしまいます。

そう考えると現代はとても過ごしやすい環境になったので、時代が変わって良かったなとしみじみ思います。

真田丸と大河ドラマ

大河ドラマで真田丸が放映されていますね。見ている人もかなり多いのではないでしょうか?使われている人物が真田幸村なので、知っている人も多いでしょう。私も真田幸村という名前は学生の頃に聞いたことがありましたが、詳しくは知りませんでした。より知ったのはゲームです。多分ゲームで真田幸村という名前を聞いたという人も多いと思います。

ゲームとは戦国バサラや戦国無双のことです。これらは史実上の人物を使って天下統一を目指していくアクションゲームです。かなり面白いですし、まず登場人物がイケメンばかりというのも女性が興味を持つポイントですよね。恐らく史実上はこんなにイケメンなはずはないのですが(笑)ただストーリーは史実通りの部分もあると思うので、多少勉強にはなります。しかしゲームは年齢などの史実とのズレがあるので、鵜呑みにするのはよくないですね。

真田丸の放映を聞いた時、堺雅人が主演と聞いてイメージと違うと感じたのは私だけじゃないと思います。恐らく上記のゲームで真田幸村を詳しく知ったという人のほとんどはイメージと違いすぎると感じたのではないでしょうか?ゲームはあくまで二次元なのですが、それでもイメージを覆すのは難しいですね。

真田丸と大河ドラマ

今は大河ドラマで真田丸が放映されていますね。見ている人も多くいると思います。主演が堺雅人さんなので、彼のファンで見ている人も多いのではないでしょうか?演技も上手いですし、どんな真田幸村を演じるのか気になるところですね。

私も大河ドラマはいくつか見たことがあります。とは言っても現在放映中の真田丸は見たことがありません。気になってはいたんですけど、結局見らず終いのままです。今から見ても内容がわからないだろうし、それなら別に見なくてもいいかと諦め気味です。ドラマ自体あまり見ないので、大河ドラマとなると余計に見なくなってしまいますね。そして放映が終わってDVDがレンタル開始した頃に気になってみる・・ということになりそうです。

今までに見たのは伊達政宗と利家とまつです。この二つはレンタルで見たんですけど、とても面白かったです。歴史にあまり興味がないのですが、のめり込んでどんどん見てしまいました。一度見始めるとかなりハマってしまうんですが、それまでが長いんですよね。こうなれば毎週自動録画しておいた方がまだ見るんじゃないかとさえ思います。来年は誰の話かはまだわかりませんが、興味のある人物だったら今度は録画をして見ていこうと思います。