三笠宮崇仁様

先日亡くなられた三笠宮崇仁様の御葬式でしたけれども、本当に素晴らしい人物だったゆうということがわかりました
何故素晴らしい人物だと言えるかと言うと、戦争中なのにその子は日本語に対して注意を促していたということでした
それは中国に対してあまりにも侵略しすぎたということを言っていたそうです
43年に陸軍参謀として中国の南京に赴任した時に日本軍の残虐行為を知らされた、三笠宮崇仁様略奪やら暴行放火強姦という恐ろしい忌まわしい、暴虐の数々そういったものを本当にびっくりして、そしてそれはまずいのだまずいので辞めなければならないということを、幕僚に促していたということでした
戦争中なのに本当に3本でありながらも、日中戦争に疑問を呈してそして戦争は本当にあまりにも悲惨だから
baglioni やめなさいもう地質しなさいということを流していたということが、どれほど東氏皇族のあり方としてびっくりすることであったかは想像に難くないところです
お金借りる内緒で